XMTradingの口座に国内銀行送金で入金する方法

XMTrading口座への入金の方法は各種用意されており、もちろん国内銀行からの入金も可能

現在はインターネットバンキングが普及しており、いつでもスマホさえあれば入金することができるため手軽に利用することができます。

ここではXMTrading口座へ国内銀行から入金する方法について順を追って解説します。

※まだXMTradingの口座を開設していない場合は、から口座を開設するか、次のリンクを参考に口座を開設しましょう。

あわせて読みたい
【FX】XMTrading(エックスエムトレーディング)の始め方・口座開設方法 自分磨きをするためにも潤沢な資金が必要となります。 本業で十分な所得がある場合は問題ありませんが、副業や投資、投機といった、本業とは別の収入源を持つことはとて...
目次

XMTrading口座に入金する方法

XMTrading口座への入金方法は各種取り揃っています。

国内銀行送金

国内銀行からのXMTradingの口座へ振り込みを行うことで入金することができます。

銀行口座があればいいので、手軽に利用できます。

クレジットカード・デビットカード

クレジットカードやデビッドカードで決済することで入金する方法。

インターネットショッピングで決済するのと同じイメージで入金できますが、新規の場合VISAカードのみ取り扱っています。

bitwallet

法定通貨と仮想通貨に対応したオンラインウォレットのbitwalletから入金する方法。

1番早く口座に反映することができるメリットがありますが、XMTradingのためだけに新たにウォレットを開設して選択する必要性はありません。

STICPAY

全世界で使えるオンライン決済サービスですが、現在XMTradingでは新規の利用ができません。

BXONE

こちらも法定通貨や仮想通貨に対応したオンラインウォレット。

bitwallet同様、すでにウォレットを持っている場合に利用を検討しましょう。

XMTrading口座に国内銀行送金で入金するメリット

  • 銀行口座さえあれば入金可能
  • 1万円以上の入金なら手数料無料
  • インターネットバンキングならスマホのみで入金可能

国内銀行送金はもっとも手軽に利用できる入金方法です。

ネット銀行口座はもちろんですが、現在では多くの地銀でもインターネットバンキングに対応しているため、スマホさえあれば入金手続きを済ませることができます。

また銀行からの送金はXMTrading、ひいてはFXに限らず、各種投資関連ではもっともメジャーな方法

出勤する際にも利用するので、ひとつネット銀行口座を投資専用として用意しておくと、投資用の資産を一元管理できるので便利です。

XMTrading口座に国内銀行送金で入金するデメリット

  • 入金操作から反映までに30分〜1時間かかる
  • 1万円未満の入金の場合には手数料がかかる
  • 利用している銀行の営業時間に依存する

2022年5月現在、XMTradingの送金先口座は楽天銀行のため24時間入金を受け付けていますが、それでもFX口座への反映までは入金操作後、30分から1時間程度の時間を要します。

また、入金金額が1万円未満の場合は980円の入金手数料が必要となってしまうため、少額を入金する場合は注意が必要です。

なお、FX取引は取引できる時間が長いことが魅力ですが、国内銀行送金する場合は利用している金融機関の営業時間により入金が翌営業日になってしまうこともあります。

事前に自口座の金融機関について確認しておきましょう。

国内銀行送金した時のXMTrading口座への反映時間

デメリットとして、XMTradingの口座に国内銀行送金した際に入金が反映されるまでの時間について挙げましたが、実際にどのくらいかかるでしょうか。

平日の深夜(1時)に送金してみました。

なんでそんな時間に入金を…

そんな時間に取引できるのもFXのいいところ。

STEP
入金 → AM1:23

楽天銀行のアプリから入金操作を実行。

STEP
入金完了 → AM1:30

入金操作から7分後に入金処理完了を通知するメールを受信。

楽天銀行の自口座から平日の深夜(1時)に入金操作を行った際は、7分で入金処理完了の通知がありました。

公表されているよりも早くにXMTradingの自口座への入金が確認できました。

即時反映とまではいきませんが、デメリットと感じるほど遅くはありません。

XMTrading口座に国内銀行送金で入金する手順

XMTradingの口座へ国内銀行送金するのはとても簡単。

振込依頼人名の記載ルールさえ守れば通常の振込操作と同一です。

  • 氏名はローマ字表記にする
  • 氏名に続けてMT4/MT5口座番号を追記する

楽天銀行アプリから送金する場合は次のような操作となります。

※公式サイトの説明ページはこちら

STEP
送金先の確認

XMTradingの会員ページにログインして、送金先口座を確認します。

念のため、入金する場合には毎回送金先を確認してから手続きしましょう。

会員ページの資金の入金をクリック。

Local Bank Transferを選択。

送金先の情報が表示されます。

お持ちの銀行口座から、この送金先に入金していきます。

STEP
金融機関のアプリを起動(楽天銀行の場合)

インターネットバンキングアプリを起動します。

今回は楽天銀行から送金していきます。

振込・振替・送金をタップし、振込するを選択。

新規振込を始めていきます。

STEP
送金先情報の設定(楽天銀行の場合)

XMTradingの会員ページで確認した入金先を指定していきます。

まず入金先の金融機関を選択。

次に支店を選択します。

そして依頼人名や、入金先の口座番号、入金額を入力します。

依頼人名

XMTradingで指定されているとおり、アルファベットの名前と、MT4/MT5口座番号に入力し直しましょう。

口座番号

入金先の口座番号を入力。

振込金額

入金する金額を入力。

振込予定日

入金可能な最速の日付が表示されていると思いますので、特に変化する必要はありません。

振込内容

特に入力する必要はありません。

STEP
確認して送金

入力内容を確認し、振込実行をすれば手続きは完了です。

XMTradingからの入金処理完了のお知らせを待ちましょう。

XMTradingへの国内銀行送金方法まとめ

XMTradingへの国内銀行送金方法についてまとめてみました。

インターネットバンキングが普及したことにより、かんたんに手続きすることができます。

また、XMTradingは海外FX業者とは言っても国内のサポートがしっかりしているので、国内FX業者と同じイメージで取引することが可能です。

しっかり基本操作を覚えて、楽しくFX取引していきましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次